HOME > 製品情報 > 門型油圧リフター > 特長

門型油圧リフター

特長

天井が低く、クレーン作業が困難な場所でも、狭い空間を有効利用した作業ができます。
(建屋内・地下空間・トンネル内・高架下・橋梁下)

コンパクトに分解・搬送して、現場で簡単に組み立てができます。
無負荷、負荷どちらでも油圧シリンダ等により自由な高さに調節ができます。
低速で動作するため、荷物への負担が少なく、ミリ単位の位置合わせが可能です。
重量物をせり上げたままで水平走行し、荷を真上・真下・真横へ移動させることができます。
箱型構造により、横揺れに強く、偏荷重にも安心して使用できます。

チェーンブロックを使用せず、専用ハンガーに直接玉掛けできるため、揚程ロスが少なくなります。
ジャッキとしての、押上げ作業にも使用できます。
リフターを複数台使用することで、長尺物への対応が可能になります。
リモコンにより、安全な場所での操作ができます。
油圧ユニット搭載仕様
(大型機種では標準仕様のものがあります)